スプレッドシート

【スプレッドシート】IF関数の使い方(もしも~だったら・条件分岐)

google(グーグル)が提供するツール【スプレッドシート】
エクセルと同じ要領で使うことができるクラウドのツールです。

今回は、IF関数について使い方を説明していきます。

IF関数

IF関数は、もし~だったらといった条件分岐に従って、その後の処理を変えることができる関数です。

※データは、疑似個人情報データ生成サービスで作成。

このようなデータがあって、D列に男だったら〇を入力したい場合、IF関数が便利です。

IF関数は、このような式構成になっています。

=IF(論理式, TRUE値, FALSE値)

論理式には、もし~だったらの条件を記入します。
例えば、今回の例だったら、
D2には、C2が男だったらという条件で判定したいので、
C2=”男” となります。
文字列を式に組み込むときは、” ”で囲むようにします。

TRUE値は条件に当てはまる(正)場合に返される値です。直接文字列を記入してもよいですし、セルを指定することもできます。
FALSE値は条件に当てはまらない(偽)場合に返される値です。

例だと、TRUE値は”〇” FALSE値はなにも指定しません
ちなみに余談ですが、エクセルでは何も指定しないと【0】が入力されますが、スプレッドシートでは空欄となります。
IF関数による出力をもとにして、再度IF関数を利用する場合などは注意が必要です。

というわけで、まとめるとD2に入れるべきIF関数式は

=if(C2=”男”,”〇”,)

となります。

関連記事

  1. スプレッドシート

    【スプレッドシート】SUM関数の使い方(足し算・合計)

    こんにちは、福丸です。当ブログ 【好奇心のホコサキ】に足を運んでくだ…

  2. スプレッドシート

    【スプレッドシート】SUMIF関数の使い方(もしも~だったら足して・条件分岐で合計)

    こんにちは、すぎもんです。当ブログ 【好奇心のホコサキ】に足を運ん…

  1. 調べ事

    【キャッシュレス生活入門】コンビニ支払いから第一歩はじめませんか?
  2. 調べ事

    年収1000万円超って、日本に何人いるの?
  3. お出かけ

    竹島水族館【愛知県蒲郡・観光地】
  4. 調べ事

    生涯年収って結局いくらなの?
  5. 体験談

    RPA導入・推進の近道は社内政治力・根回しかも。
PAGE TOP