MENU

【メキシコ 町の入口】検索1位のグロ記事の解説。耐性ない人向け。

【メキシコ 町の入口】【メキシコ 街の入口】は、検索してはいけないキーワードとして各所で紹介されていますが、どうして検索してはいけないキーワードなのか、ざっくり解説していきたいと思います。
この記事はグロくないので、本家を見る前に心の準備必要な方は、後悔する前に是非こっちの記事をみてってからにしてください。

スポンサーリンク
目次

【メキシコ 町の入口】【メキシコ 街の入口】でググると1位のページの内容

【メキシコ 町の入口】【メキシコ 街の入口】でグーグル検索した際に、2023/12/14現在、1位に表示されているページの内容が、かなりグロいです。

タイトルからして、もうグロい雰囲気出まくってますが、内容もちゃんとグロいものでした。

モザイクなしの写真だったので、耐性がない方は、気持ち悪くなってしまうかもしれませんし、夢にでてきそうなレベルのインパクトです。なので、興味本位で見る方は、心の準備をしてから見たほうがいいかと思います。

しかも一枚限りじゃなく、複数枚あります。また記事冒頭からしっかりグロ画像ありますので、細心の注意を払って見たい方はみてください。

メキシコの殺人事件発生率

【メキシコ 町の入口】の検索結果1位の記事の内容が、本当にメキシコ町の入り口で起きた出来事かどうかは不明です。

が、2021年のデータにはなりますが、メキシコの人口10万人当たり殺人発生件数は【28.18人】で、日本の【0.23人】をかなりおおきく上回ることからも、本当にそのような事件が起こっていても不思議じゃない状況ではあるようです。

背景には、麻薬密輸組織の壊滅を目指す目的で始まった【麻薬戦争】により、組織の幹部層が逮捕されたものの、それが返って組織の混乱を招き、内部分裂、抗争の激化、それに市民が巻き添えをくらっているという状況があるようです。

カリギュラ効果

そういえば、こういうふうに『見ないほうがいいよー』とか、『絶対みないでください』とか禁止されると、逆に見たくなりますよね。

これ、『カリギュラ効果』って言います。

禁止や制限がかけられると逆にその行動をしたくなる心理現象で、自由が制限された際の反発心から生じると言われてます。心理学では、この現象を「心理的リアクタンス」としても知られており、個人の選択の自由が制限されることに対する反応を示します。

日常やマーケティングなどで応用されることがあり、特に広告では、例えば「痩せる覚悟がある人以外は見ないでください」といった具合で、興味や好奇心を引くのに使用されます​

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次